So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最初の、ひとくち [books]

未知のものとの出会いは、年を取るほどに減る。
というわけでもない。

最初の、ひとくち(益田ミリ 幻冬舎文庫)

最初の、ひとくち (幻冬舎文庫)

最初の、ひとくち (幻冬舎文庫)

  • 作者: 益田 ミリ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/02/01
  • メディア: 文庫


作者はエッセイストと思っていたが、メインはイラストレーターらしい。
タイトル通り、はじめて出会った味についての話。
各話に4コマ漫画がつき、イラストコラムもあり、軽く読める。

『おかし・おかし・おかし』の章。
ピノ、エンゼルパイ、とんがりコーン、エクレール、カラムーチョ、小枝、
ミルクケーキ、キャンディ・キャンディのアイス。
それぞれの発売直後の感動などが書かれ、その記憶力に脱帽する。
妹とわいわい言いながら、誰かの手土産を分け合う様子など、実に楽しそう。
ピノのピックを刺す位置にまでこだわっている。

続きを読む


nice!(1) 

米沢銘菓時雨之松 [sweets]

会いに行った山形の知人が、持たせてくれた土産。
木箱に入っており、ただならぬ風情に期待が高まる。

松嶋屋の時雨之松
DSC00234.JPG
箱の焼き印を撫でて、心を鎮め、よしっと開けようとした。
・・・あれ?
開かない。

続きを読む


nice!(0) 

玉ねぎフライパン作戦 [books]

パンはパンでも食べられないパン。

玉ねぎフライパン作戦(椎名誠 角川書店)

玉ねぎフライパン作戦

玉ねぎフライパン作戦

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本


装画・本文イラストは沢野ひとしさん。装丁は和田誠さん。
平成16~18年の夕刊フジに連載されていた、酒飲みの食べ物エッセイ。
釣った魚をキャンプで、旅先の珍獣を手づかみで、といった話も多い。
豪快というか、雑というか、セレブ食ではないがよくあるものでもない。
雰囲気は東海林さんと似ているようなそうでもないような。

毎日酒を飲まないと落ち着かないという心情はわからないながら、
好きなものへのこだわりや、執着心はなるほどと頷きながら読める。

続きを読む


nice!(0) 

こんがり、パン [books]

そういえば、いつかもらった菓子の感想を述べていない。
パンの味の、あるもの。
そのうち載せます。

こんがり、パン(河出書房新社)

こんがり、パン(おいしい文藝)

こんがり、パン(おいしい文藝)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/05/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


おいしい文藝シリーズ4冊目のはず(刊行順ではない)。
41人のパンにまつわるエッセイ集。

戦後あたりの、あんパン、クリームパンなどの思い出。
外国で食べるパンを絶賛したり、とにかくほとんどが店で買うパン。
あとは、給食のまずいコッペパンの記憶も多い。
パンを自ら焼く人の話は少ない。
超高級パンがどうこうではなく、日常の楽しみとして描かれており、
どれも庶民的な感じがあってとっつきやすい。

穂村弘さんの『結果的ハチミツパン』は、夜中の暗闇で食べる。

続きを読む


nice!(0) 

おまかせ満福ごはん [books]

旅先で、地震の速報を聞いた。
大阪の前日の群馬については一切報道がなく、
知人もいるので気にしている。
今日は大雨で熊本城がまた倒壊したとも聞き、肝が冷えた。
どこもこれ以上被害が拡大しないことを祈る。

おまかせ満福ごはん(三坂しほ スターツ出版文庫)

おまかせ満福ごはん (スターツ出版文庫)

おまかせ満福ごはん (スターツ出版文庫)

  • 作者: 三坂しほ
  • 出版社/メーカー: スターツ出版
  • 発売日: 2018/03/28
  • メディア: 文庫


大阪の古い商店街にある、キッチンリスボン。
風変わりで知られる若き店主と、アルバイトに入った女子高生の話。
ふわふわな雰囲気をまといながら、近所の難題を解決してしまう店主。
その様子を呆気にとられながら見つめ、憧れも抱く主人公の高一女子。

続きを読む


nice!(0)