So-net無料ブログ作成
検索選択

六花亭と柳月べこもち比べ [sweets]

べこもち。
北東北から北海道の郷土菓子。
牛の柄に似ているからとか、名前の由来は諸説ある。
葉っぱの形や、よもぎの緑色もあるので、なんともいえない。
すあまに似た、餅菓子。
通年手に入るけれども、一番出回るのが子どもの日。
柏餅と一緒にパック詰めされて大手パンメーカーも売り出す。

帯広二大菓子屋、六花亭と柳月からも、もちろん出ているので、食べ比べ。
帯広土産の小豆茶(これも非常にうまい)とともに。
DSC08867.JPG


形はどちらも円形で、二色になっている。大きさもほぼ同じ。
値段も両方90円の和生菓子。名称は違う。

まず柳月は、「べっこう餅」。この時期限定で、日持ちは翌日だった。
プラスチックケースに入れられ、上にはセロファンものせられ、過保護気味。
色はくっきりはっきり、白黒が分かれている。
原材料:米粉、糖類(黒糖、砂糖、でん粉糖)、食塩、大豆粉、寒天、
 加工でん粉、増粘多糖類、香料
寒天効果か、むちっと歯切れがよい。味もきっぱりして、菓子屋の菓子という感じ。

六花亭は「べこ餅」。通年販売されていて、日持ちも数日ある。
袋に無造作に入れられているが、脱酸素剤が入っている。
色はぼんやりと淡い。
原材料:米粉、黒糖、砂糖、植物油(綿実油)、食塩、コーンスターチ、
 小麦粉、トレハロース
ねっちりとして、まさに餅。歯にくっつくので入れ歯だと辛かろう。
ほわんとした甘さで、田舎のばあちゃんが作ってくれそうな味。

餅一個は食べられないので、3分の1ほどに切って試した。
意外と違いが大きいことにまず驚く。
うまいまずいの差はなく、好みの問題で、自分は味わいが柔らかい六花亭派。
残りを食した連れは、柳月派。甘みの強いわかりやすさがよいそう。

一緒に写っている鯉のぼりは、柳月のバームクーヘン3個入り。
紙かぶとは六花亭の3種の花チョコレート入り。これらも両方360円。
どちらも人にあげたので、味は知らないけれども。
ライバル心みえみえ。切磋琢磨で共に繁栄してください。


nice!(1) 

nice! 1