So-net無料ブログ作成

青函プリン [sweets]

北海道新幹線開業1年を迎えた。
大半の道民の盛り上がりはいまひとつ。
札幌駅のホーム問題で大揉めなので、冷ややかに静観している。

随分前にもらった函館土産を思い出す。
DSC08448.JPG
(一緒に写っているのは北見土産の和菓子などで、これも美味しかった)

函館の昭和製菓の「青函プリン」。
青函ツインシティ提携25周年記念に開発された商品とあり、
それがいつなのかわからないが、新幹線とは関係ないらしい。
青森産りんごと函館牛乳のコラボ。
牛乳プリンに細かいリンゴプレザーブがごろごろ入っていて、
全体に水っぽく、プリンなのかジャムなのか、という食感。
味も、まあ、その素材の味。

牛乳プリン好きということで、他の商品もくれた。
同じく昭和製菓の「乳 にゅう」と書かれた牛乳プリン。
原材料名:濃縮乳、乳等を主要原料とする食品、砂糖・・・
りんご入りより好きだったが、パッケージを上回る印象はなし。

一番好きだったのが、不二屋本店の「はこだての白いプリン」。
不二家ではない。
函館酪農公社という契約農場の新鮮な生乳をつかったものとある。
原材料名の筆頭も、牛乳。
これが、笑ってしまうくらい旨かった。
柔らかすぎず、固すぎない、てろんとした舌触り。甘さも好み。
賞味期限が10か月くらいあったことには若干恐れを感じたけれども。

牛乳そのものは飲めず、卵を使った黄色いプリンも食べないのに、
牛乳プリンは好物。我ながら謎。
ちなみに、昭和製菓の住所は西桔梗町589-39。
不二屋本店は同589-46。
お隣さん?


nice!(0) 

nice! 0