So-net無料ブログ作成

山崎と日糧の口取り [sweets]

六花亭、千秋庵、柳月、とこれまで菓子屋の口取りを買ってきた。
北海道の正月には欠かせない(と信じている)、あんこのかたまり。
蕎麦も雑煮も餅もおせちも食べないけれども、これだけは楽しみにしている。
年末の28日頃から、なくなるまでという限定販売。
うっかりすると買いそびれる。

今年は大手パン屋の詰め合わせに挑戦。
ヤマザキと、
DSC08555.JPG
日糧。

DSC08568.JPG

ヤマザキは6個入り。400円ほど。
鯛、蝦、さくらんぼはさらし餡に着色寒天をまとってツヤツヤ。
かまぼこ、伊達巻は寒天なしでサラサラ。
蝦が枕にしているのは、ただの黒い水ようかんに近く、水分多め。

日糧は5個入り。600円ほど。
ひとつずつがヤマザキの二倍ほどの大きさで、細工も細かい。
鯛と蝦は寒天ツヤツヤ。白梅はさらさらで、この三つは中にこし餡を包んでいる。
さくらんぼはツヤツヤで黄色い丸。刺さっている松葉っぽいのはヤマザキと同じ。
さらに、添えられている紅白梅の飾りも多分同じ。
蝦が枕にしている黒い羊羹には金色の紙で寿と書いてある。
持った感じから日糧は柔らかく、砂糖が多そう。

さくらんぼだけ食べ比べてみた。色合いなどはほぼ同じ。
日糧のほうがねっちりと密度が高くて甘い。
さすが北海道企業というべきか、甘いものは甘く、という感じ。
ヤマザキは小さいせいもあるが、ほろほろっとあっさり。個人的にこちらが好み。
全国メーカーらしい味わい。口取りは北国限定販売だろうけれども。
パン屋もやりよる。

残りは、冷凍!
これからしばらく、ちびちびと楽しめる。

それぞれの写真に写り込んでいる関係ないものは、後日紹介するかもしれない。


nice!(0) 

nice! 0