So-net無料ブログ作成
検索選択

SHERLOCK [etc...]

夏頃に勧められて、観るのを渋っていた。
好きな原作なので、慎重になる。

SHERLOCKシーズン1



でも結局観た。
BBC制作で、NHKで放映されるドラマなら、暴力的だったりグロテスクだったりはするまいと。
ほとんど期待せず、一巻だけ借りて、失望した。自分の食わず嫌いに。


シャーロックは原作ほど変人ではない。ワトソンは存在感が大きい。
物語は、原作のあれこれを繋げ合わせた創作で、結末を知っている筋でも楽しめる。
現代が舞台の話で、辻馬車はタクシーに、電報は携帯電話に、そんな違いはあれど、
そういった近代化も、ロンドンのあの重厚な街並みに溶け込んでいる。
意図的に原作の時代を感じさせる場所を選んでいることもあろう。

ベイカー街の彼らの家などは、実に居心地がよさそうで、思わず笑った。
こちらのシャーロックは煙草を吸わないけれども。
原作の世界観を壊さない姿勢が画面から伝わってくる。
一方で、面白いテロップや映像技術が駆使されており、古臭さはまったくない。
テンポがよく、洒落っけも笑いもある。

主要な出演者たちでツボなのが、マイクロフト。
原作では動くのが嫌いな豊満な体の切れ者だが、本作では全く違う印象。
マイクロフトの弟思いな面がよく描かれて楽しい。

・・・どうしよう、褒めるところしか思いつかない。

基本的に一話完結だが、シーズン1最後の三話目は、次に続くように終わる。
ここはテレビ的な発想か?
シーズン2の放映は1年半後ほどだったらしいので、気になって仕方なかったろう。
DVDを借りている身としては、それも何事でもなく。

ひとつ欠点をあげるなら、またイギリスに行きたい病にかかること。
石畳の上を歩きまわりたい。今すぐに。


nice!(1) 

nice! 1