So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

透明約束 [books]

そうとは知らずに借りたが、これも外国に関わりのある一冊。

透明約束(川上健一 光文社)

透明約束

透明約束

  • 作者: 川上 健一
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


初出は小説宝石。何かしらカナダと関係がある10の短編集。
それぞれに関連はない読み切り。

『カナダ通り』高校三年間、片道1時間40分を徒歩で通学した女子。
通学路のカナダ通り途中にあるケーキ屋と親しくなり、その職業に惹かれる。
『夜間飛行』家族経営のネジ工場で、夫婦の夢はカナダへの旅。
『オーロラ爆発』会話のなかった母娘がオーロラツアーに出掛けて素直に。
『バンクーバーの雪だるま』ギター職人の恋人と別れを決意している女性が、
バンクーバーでは素直な気持ちになれると説得される。

続きを読む


nice!(0) 

さまよえる未亡人たち [books]

さまよえる画家のフランスの次は、未亡人のスコットランド。

さまよえる未亡人たち(エリザベス・フェラーズ 中村有希訳 創元推理文庫)

さまよえる未亡人たち (創元推理文庫)

さまよえる未亡人たち (創元推理文庫)

  • 作者: エリザベス フェラーズ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 文庫


登場人物が2までないので油断した。
主人公は久々に英国に帰ってきた青年で、彼のスコットランドへの旅の話。
行きの飛行機で隣り合わせた中年女性に、意味深な言葉をかけられる。
主人公は一人、女性は4人グループで旅先に向かうが、
国有鉄道や船を乗り継いで向かったマル島のホテルまで一緒になってしまう。
丘陵に草花が生い茂るのどかな風景が描かれて旅気分が盛り上がる。

続きを読む


nice!(0) 

ゴッホ~最期の手紙~ [etc...]

夏に近代美術館でゴッホ展をやっていて、その最後にあった
「林の中の二人」という絵が頭から離れずにいる。
画面は穏やかなのに、顔のない二人が寄り添う林には、
何かひんやりした空気が漂っているように見えた。
彼らは心中しに行くのではないかと瞬間的に思ってしまった。
亡くなる少し前に描かれたものと知って、鳥肌が立った。

で、すすきのの映画館でやっている作品を観に行った。
DSC09848.JPG
この写真の映画ではない。

ゴッホ~最期の手紙~
原題:LOVING VINCENT
監督・脚本;ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
2017 イギリス・ポーランド 96分

続きを読む


nice!(0) 

夢巻 [books]

寝ていても寒くて、夢の中で冷蔵庫に閉じ込められたりする。
夢のない夢ばかり見る。

夢巻(田丸雅智 出版芸術社)

夢巻

夢巻

  • 作者: 田丸 雅智
  • 出版社/メーカー: 出版芸術社
  • 発売日: 2014/03/27
  • メディア: 単行本


初めて聞く出版社。豚のようなピンクの何かが浮かぶ街の表紙絵。
内側は鶯色の紙やら、半透明の紙やらが挟まれて凝っている。
装幀は山田祐基さん。
20のショートショート集。「星新一の流れを受け継ぐ」と帯広告にある。

続きを読む


nice!(0) 

素敵 [books]

行きつけの喫茶店がある人は、素敵。
ただ、あまり使うと陳腐で胡散臭い言葉。

素敵(大道珠貴 光文社)

素敵

素敵

  • 作者: 大道 珠貴
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2004/12/15
  • メディア: 単行本


手を取り合って老夫婦?が踊っているような表紙の絵。
おばあさんらしき人は、金魚の絵柄のスカートらしきものを履いている。
この装画も、作者の大道さん。
初出は小説宝石。短編5つ。

福岡出身と作者紹介にあり、登場人物の福岡弁が懐かしくて心地よい。
独特のイントネーションや、~ね、という語尾のかわいらしさを思い出す。
知らないと読んでも意味がわからないかもしれないくらい、濃厚な方言。
物語そっちのけで、台詞に酔う。

続きを読む


nice!(0) 
前の5件 | -