So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

あなたの明かりが消えること [books]

亡き人と近しい夏にぴったり・・・?

あなたの明かりが消えること(柴崎竜人 小学館文庫)

あなたの明かりが消えること (小学館文庫)

あなたの明かりが消えること (小学館文庫)

  • 作者: 柴崎 竜人
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: 文庫


漫画タッチの表紙絵で小学館ということに怯んだが、借りてよかった。
主な舞台は小料理屋で、その女将は若くして亡くなっている。
夫は、作品よりもまず度重なるスキャンダルで名が売れた、美形の画家。
ほとんど家におらず、各地で浮名を流しつつ絵を描いていた。
章ごとに主人公が変わり、亡き女将の関係者たちが過去から今を物語る。

一章は、現在店の手伝いをしている初老女性。元女将の二年後輩。
いじめられっ子で、結婚しても子が生まれず離婚され、遠い旅館で仲居に。
その旅館の庭の松を眺めているときに、客として来た画家と知り合う。
以来、密かに想いを寄せているが、画家のせいで仕事を追われ、
その妻に店の手伝いを乞われる。
彼女が死病を抱えていると画家に聞き、彼の妻に対する思いの深さも知る。

続きを読む


nice!(0) 

花束に謎のリボン [books]

表紙の女性がひまわりを持っていたので、夏の話かと。

花束に謎のリボン(松尾由美 光文社文庫)

花束に謎のリボン (光文社文庫)

花束に謎のリボン (光文社文庫)

  • 作者: 松尾 由美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/02/14
  • メディア: 文庫


初出は、「小説宝石」と「ジャーロ」の連作短編、七話。
都心の花屋で働く女性と、同棲している小説家の男性が主人公。
花屋に来た客について、それぞれの語りで話が展開されていく。

『カリフォルニア・ドリーミング』は、花束と不釣り合いなリボンを指定した客。
なぜその色を選んだのか、小説家の男があれこれ推理、妄想する。

続きを読む


nice!(1) 

リボンナポリンもち [sweets]

リボンナポリンコラボ商品、個人的第四弾。
カツゲン、ラブラブサンド、ゼリー、ときて、次はこれ。

DSC09089.JPG
リボンナポリンもち

あの味がなんとおもちになりました!
と、リボンちゃんが言っている。

続きを読む


nice!(0) 

ねことじいちゃん3 [books]

弱音?愚痴?を吐いていたら、友人知人変人恩人、総勢2名が本を送ってくれた。
ありがたや。
実はこの本、既にちらっと読んでいましたなんて、言わないでおこう。

ねことじいちゃん3(ねこまき KADOKAWA)

ねことじいちゃん3 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねことじいちゃん3 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • 作者: ねこまき(ミューズワーク)
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 単行本


内容を知っていても、ゆっくり何度でも読めるというのはやはり贅沢。
ねこと老人が住むまちの、コミックエッセイシリーズ三作目。

冒頭の4コマで、タマがのっしのっしと座布団に向かってくる。
すぐ横にある達磨ストーブ。「ついとらせんがね」とじいちゃんが一言。
にやけてしまう。

続きを読む


nice!(1) 

三毛猫ホームズの夏 [books]

夏もあと何週間かで終わる、はず。

三毛猫ホームズの夏(赤川次郎 光文社文庫)

三毛猫ホームズの夏 (光文社文庫プレミアム)

三毛猫ホームズの夏 (光文社文庫プレミアム)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/07/12
  • メディア: ペーパーバック


岩合光昭さんの猫写真が表紙に使われている。もちろん三毛猫。
前足を揃えてこちらを見つめる賢そうな顔。
シリーズ46作目となっているが、既に発表されているものからの寄せ集め。

「三毛猫ホームズのバカンス」
(出展1987「三毛猫ホームズの運動会」シリーズ7)
海辺のリゾートホテルに夏になると毎年来ている家族。
年の離れた妻が夫の留守に若い男性客と浮気。
その後互いに再婚して再会。休暇で訪れた片山が刑事と知ると、
それぞれが自分は殺されると訴えてくる。
しかしプールに浮いていたのは、彼らを罠にはめた浮気相手の男。

続きを読む


nice!(0) 
前の5件 | -