So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

突変 [books]

K氏に借りなければ、自ら読むことはなかったろう。

突変(森岡浩之 徳間文庫)
厚さ3cm、700ページを超える1000円の文庫。
自分では買いも借りもしないサイズ。
「第一章 新型災害のある日常」で主要登場人物が出てくる。
妻が末期がんと宣告される町内会長。家事代行サービスをしている美人女性。
地元のスーパーの雇われ店長。ここまでは、たまに謎の言葉がある程度。

市議会議員女性の遊説で、移災被害というものの概要が話される。
ある地域が突然消えて、新種の生物を含む土地が出現してしまう。
表地球、裏地球と区別して研究が進められているが、不明点も多い。
そういう災害に対する組織や仕組み作りも手探り状態。
大規模移災の後結成された防除団に入っているニートの若い男も手持無沙汰。
リサイクルショップに子連れで働きにきている女性は、夫が移災で消えた。
幼い息子は、新種生物の図鑑を愛読している。

続きを読む


nice!(0) 

お隣さんは、名探偵 [books]

おじさんの次は、お隣さん。

お隣さんは、名探偵(蒼井上鷹 角川文庫)
アーバン歌川の奇妙な日常と、サブタイトルがある。
名探偵は、小柄で人の好さそうな四〇二号室のおばあさん。
二代目の大家に半ば脅され、半ば頼まれ、住人たちの動向を探る。
大家が目論んでいる改装計画対象の部屋から、穏便に出て行ってもらうため。
先代ペットのトカゲが逃げたという口実を作り、おばあさんは部屋を巡る。

第一話「読み聞かせ」は五〇一号室。
お笑い芸人だったが事故で身動きもままならなくなり、
チラシの読み上げなど声の仕事をぼつぼつ受けている男。
おばあさんの鋭い観察力で、契約違反の同居人の存在がばれるが、
読み聞かせで眠らせる能力を発見し、違う場所に引っ越す目途がたつ。

続きを読む


nice!(0) 

僕とおじさんの朝ごはん [books]

昼メシは食わないが、朝は何か食べるので、少し惹かれた表紙。

僕とおじさんの朝ごはん(桂望実 中央公論新社)

僕とおじさんの朝ごはん

僕とおじさんの朝ごはん

  • 作者: 桂 望実
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/02/24
  • メディア: 単行本


トーストされたパンと、ぷっくりした目玉焼きと、オレンジジュースが、
どこかの街を見下ろす木製テーブルの上にのっている表紙。
登場するのは、ケータリングの仕事をしている面倒臭がりな男。
味より見た目で、下準備にどれだけ手を抜けるかを考えている。
市販品の形を変えて小奇麗に並べ、残ったものは使いまわす。

先輩に誘われてなんとなく始めた仕事に、誇りも喜びもない。
食中毒で営業停止を喰らっても、どこか他人事。
離婚した妻と暮らす高校生の息子はそっくりな性格になっている。
客からたびたび、痕跡を残さず死ねる薬を持っていないかと聞かれる。
23年前に山で滑落死した友人と妹を思い、人は運命に翻弄されると悟り、
それ以来、一生懸命に生きるのをやめてしまった。
そういう、見事なまでの男の怠惰ぶりが、前半は淡々と描かれる。
話のつながりはなく、まさかずっとこの調子なのかと不安になってくる。

続きを読む


nice!(0) 

昼メシの丸かじり [books]

前記事で自分が本当に撮りたかったのは、羊。
道民が昼メシによく食べるのは、羊?

昼メシの丸かじり(東海林さだお 文春文庫)

昼メシの丸かじり (文春文庫)

昼メシの丸かじり (文春文庫)

  • 作者: 東海林 さだお
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/06/10
  • メディア: 文庫


初出は週刊朝日2000年2月~11月。
解説の室井滋さんはキャンセルした飛行機のかわりに乗った、
特急はくたかの車内で読んでイライラを宥めたとある。
確かに、このエッセイで怒りを育むことはできない。

ほろ酔いで食べる屋台の磯辺巻き。
その旨さを再現すべく、自分で餅を焼いてみるところの描写が楽しい。

続きを読む


nice!(0) 

ベジタブルおっとっとアイス [sweets]

東海林さんの食べ物チャレンジ精神には遠く及ばない。
けれども、ようかんとアイスクリームにおいては、冒険できる。
気にはしていたが、まだ未挑戦だったこれを、友人が買ってくれた。

ベジタブルおっとっとアイスコンソメ味
DSC09440.JPG
何それ、というのが第一印象。

続きを読む


nice!(0) 
前の5件 | -