So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

こころのつづき [books]

これも、亡き人の存在感が強い。

こころのつづき(森浩美 角川文庫)

こころのつづき (角川文庫)

こころのつづき (角川文庫)

  • 作者: 森 浩美
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/12/25
  • メディア: 文庫


「野生時代」と「本の旅人」に連載された8話の短編集。
それぞれ少しずつ何らかの繋がりがあるらしいが、相互関係はない。

一話目『ひかりのひみつ』
結婚を機に、母親から死んだと聞かされていた実の父に会いに行く娘の話。
母の再婚相手の義父が気に入らず、もやもやしている。
話を聞き、母親は男の将来を思って身を引いていたことがわかる。
娘は名を明かさず、軽井沢でホテル社長になっている男と式の予行演習をする。

続きを読む


nice!(0) 

レモンタルト [books]

暑い時は酸っぱいものでさっぱりしたい。
柑橘類は加工せず、生そのままがいいけれど。

レモンタルト(長野まゆみ 講談社)

レモンタルト

レモンタルト

  • 作者: 長野 まゆみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/10/27
  • メディア: 単行本


青少年の話を書く作家という勝手なイメージがあったのを覆された。
初出は小説現代の連作短編。
姉夫婦が建てた二世帯住宅に住んでいる二十代の男が主人公。
姉は若く亡くなり、三十代前半の義兄は再婚もせずそのまま暮らしている。

美形で不愛想だが優しい義兄を、主人公は随分前から好いている。
亡き父を求めての甘えや、人としての敬いもあるが、
単純に恋い慕う気持ちもあるらしいと、だんだんわかってくる。
そうして、どうやら全体に同性愛者たちの頻出する話だと気付く。


続きを読む


nice!(0) 

もりもとナポリンゼリー [sweets]

ナポリンコラボ商品、個人的第三弾。
ここにきて、初めて本物も飲んでみた。

もりもと「太陽いっぱいのナポリンゼリー」
DSC09090.JPG

続きを読む


nice!(0) 

建てて、いい? [books]

集合住宅の次は、一軒家。


建てて、いい?(中島たい子 講談社)

建てて、いい?

建てて、いい?

  • 作者: 中島 たい子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/04/06
  • メディア: 単行本


初出は「群像」。
三十代独身女性が、アパート階段から転げ落ち、心機一転を心に誓う。
従妹の運営する輸入品通販会社で働くが、センスが人と違う。
行動派の従妹の主導で、まずは恋人探しからとなるが、気乗りせず、
建築家と出会い、家を建てたいと思うように。

続きを読む


nice!(0) 

木暮荘物語 [books]

クラフト・エヴィング商會の装幀。
この、積み木のような絵柄の表紙とタイトルから、ほわんとした話を想像した。

木暮荘物語(三浦しをん 祥伝社文庫)

木暮荘物語 (祥伝社文庫)

木暮荘物語 (祥伝社文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2014/10/10
  • メディア: 文庫


ほわんとはしている。殺人も推理もない連作短編集。
木暮荘を中心に、住人や周囲の人を主人公とした話が展開されていく。
小田急線世田谷代田駅から徒歩五分の相当古い木造アパート。
全七話。すべて、性に関する話というのが予想外だった。

第一話「シンプリーヘブン」の主人公は木暮荘203の住人、二十代女性。
学生時代から長く住み、住宅街の花屋で働いている。
三年間音信不通だったカメラマンの元恋人が唐突にやってきて、
現恋人と鉢合わせ、居座った元恋人と三人の奇妙な共同生活が始まる。

続きを読む


nice!(0) 
前の5件 | -